最近の シャンプー ノンシリコンが主流になってきました。

ノンシリコンとは シリコンが頭皮に張り付いて 毛穴が詰まるとか?

頭皮に悪影響を及ぼすといわれ ちょっとお値段のお高いノンシリコンが主流になってきました。

シャンプーに入っているシリコンは

ジメチコン、シクロメチコン、シロキ、シリカ、メチコンという名前のもので

これらが 成分の中に入っていると ノンシリコンではないということになります。

最初の頃は ノンシリコンのシャンプーはとても高く 1本2000円ほどでした。

その中で コーセーのノンシリコンシャンプーは400円ほどだったため 売れなかったのか?

今は セブンイレブンブランドのシャンプーは コーセーのものになっています。

 高価な感じのものは あまり安いと売れ行きが悪いのでしょうか?

今は ノンシリコンのシャンプーのほうが多くなってきています。

 そして 今度は また新しいシャンプーが出ました。

ノンシリコンオイルシャンプーです。

これがまた ちょっとお高く… LOREALなどでは 1700円くらいの値段です。

コーセーは 700円くらいで出しています。

img_kerastasewpid-20140412053859

出始め…というだけでなく 高い方が良さそうで売れるのでしょうね?

 今回 私も 試してみました。

指ざわりは 本当によかったです。

しかも こういう進化していくものは なぜか

日本製のほうがどんどん良くなっていくような気がします。

高級志向の人や こだわりのある人は ケラスターゼでしょうが…

私は 最近 ドラッグストアーの棚にあんなにシャンプーの種類があって

その上 TVショッピングでも売っていることから 使う人の用途にも寄るのでしょうが

みんなの関心の強いものではないかと思います。

 今回も感じたことは 値段が高いから 必ずしも良いということではありません。

住工房でも 価格と品質は 本当にリサーチして 努力しています

安いから悪い 高いから良いにプラスして 安いけど良い。

標準価格がわからないから 怖く感じますが

長く使うものだから良い方がいいに決まっています。

さっきのシャンプーや ダイヤモンドのように

高い=良いでもないことも…事実です。

価格のマジックにかからないよう 住工房でも日々 リサーチしています。