こんにちは!住工房です。少しずつ涼しくなってきたかなという今日この頃ですが

皆さまいかがお過ごしでしょうか?


今年もまた大型の台風が発生したとのニュースを耳にしました。


夏から秋に季節が移り変わりゆくこの時期、台風発生のニュースを聞くと、台風の進路は

どうなるのか?上陸の可能性はあるのだろうか?と気になってしまいますね。。


記憶に新しいところでは昨年10月に日本列島に上陸した台風19号の暴風雨がありました。

常日頃の防災への備えが大事であることを認識した経験でした。


ところで、台風はどのような動きをするものなのか皆さんはご存知でしょうか?

台風が日本上空を通過するかどうかは、太平洋高気圧と密接な関係があります。


台風は、一年中暑い熱帯地方の海上で発生し、太平洋高気圧の周囲を時計回りで移動してきます。

9月になると台風を流す上空の風が強くなり、日本列島付近を通過するようになります。


台風の影響により、大雨・高潮・強風・暴風が発生しますので、進路上の地域に

お住まいの方は早めの対策が必要です。


台風対策としましては、

・ 水害や風害に備え家の周りの対策をしておく

・ 防災セットなど非常用品を備蓄しておく

・ 近所の避難場所と避難経路を確認しておく

・ 危険箇所の把握のためハザードマップを入手しておく

・ モバイルバッテリーなど予備電源を用意しておく  等々があります。

備えあれば憂いなしということわざがあります。

安心安全のために、事前にできることをしっかり準備し、常に最新の台風情報を確認して、

台風の到来にしっかり備えましょう!